読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3前 まとめ

実習

終了時刻

薬物治療学I<月1>

#01

化学療法学II<月3>

#01

薬理学III<月4>

#01

衛生化学I<月5>

#01

免疫学<火2>

#01

臨床医学概論<水2>

臨床検査学I<木1>

合成化学I<木2>

公衆衛生学I<金2>

#01

物理薬剤学I<金3>

細胞生物学<金4>

放射薬品学<金5>

公衆衛生学I #01

情報

  • 環境衛生1
  • 公衆衛生学概論・上水
  • 20170414
  • Public Health 1

衛生薬学: 基礎・予防・臨床

衛生薬学: 基礎・予防・臨床

目次

  • 人と水環境
  • 水道の沿革
  • 水道の定義
  • 原水
  • 浄水方法

内容

人と水環境

人体と水

  • 水分重量比:成人60%、乳幼児70%
  • 水分摂取量:2.5~3L/day

生活環境と水

水の遠隔

  • 江戸の給水人口:120万人/200万人
  • 徳川家康による「神田上水」以後、水系伝染病患者数が減少
  • 現在の水道給水率:98%

水道の定義

  • 清浄で豊富な水を所要の水圧をもって給水する施設
  • 導管その他の工作物により人の飲用に適する水として供給する施設の総体

原水

  • 地球地殻表層:70%が水
  • 海水98>氷雪1.8>湖沼・河川水0.3
  • 利用可能な河川、湖沼、地下水は1%未満
  • 日本の原水:河川水・湖沼水・ダム湖水70%、地下水20%
  • 年間取水量
    • ダム:48&
    • 河川水:25%
    • 井戸水:20%
    • 伏流水:4%
    • 湖沼水:2%

浄水方法

浄水工程

  • 沈殿→濾過→消毒
    • 緩速濾過:4%、広大な土地
    • 急速濾過:75%、都市部
    • 膜濾過:1%、海水利用の新方式
    • 塩素消毒のみ:20%、地下水原水が清浄

普通沈殿:緩速濾過

  • 広大な面積、長時間(3〜5m/day)
  • 物理学的作用、生物学的作用による
  • 生物膜:好気的微生物によるゼリー状のものが石の間に形成

薬品沈殿:急速濾過

  • 省スペース、40倍速(対 緩速濾過)
  • 硫酸アルミニウム、ポリ塩化アルミニウム(寒冷地)によるフロックを形成
  • フロック:水酸化アルミニウムが正に帯電し、周囲に負正が交互に凝集

膜濾過

高度処理(特殊浄水法)

  • 前塩素処理:アンモニア態窒素が多量の場合に有効
  • オゾン処理:フミン質(気が腐ったもの、トリハロメタン前駆物質)の酸化分解

塩素処理

残留塩素基準 遊離残留塩素 結合残留塩素
通常 0.1 mg/L以上 0.4 mg/L以上
汚染* 0.2 mg/L以上 1.5 mg/L以上

*:病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合

注入量と残留量の関係

f:id:p634:20170428012159p:plain:w300

  • 塩素消費量:残留塩素を認める(I=0, II=a, III=b)
  • 塩素要求量:遊離残留塩素お認める(I=0, II=a, III=c)
  • 結合残留塩素:クロラミン=トリクロラミン+ジクロラミン+モノクロラミン
  • III型:bd間=クロラミンを産生、dc間=クロラミンを消費してN2産生

3前 実習

微生物学I 微生物学II 項目 物理薬剤学
1 15:00 15:30 説明・準備* 15:00
2 16:00 15:30 講義* 16:00
3 15:00 15:30 軟膏剤 16:30
4 15:00 16:00 クリーム剤 16:00
5 15:00 15:00** 溶出試験* 16:00
6 16:00 15:30 崩壊試験・質量偏差試験* 16:30
7 14:30 17:00 演習* 16:30
8 16:00 15:00** 実習試験* 14:00
9 17:00 解説・片付け* 14:00
10 14:00 追再試験 -

※*付きの回は、一斉に終了 or ほぼ時間差が生じない

※**付きの回は、翌日にレポート提出

※最速時刻の実績値、今後の保証なし、30分刻みの概数

※上記の情報によるいかなる不都合・不利益も賠償いたしません。

免疫学 #01

情報

  • 免疫系の特徴、免疫系を構成する器官と細胞
  • 免疫の概念、免疫を担当する組織と細胞
  • 20170411
  • Immunology

薬系免疫学

薬系免疫学

目次

  • 免疫の概念
  • 免疫に関わる組織
  • 免疫担当細胞の種類と役割

内容

免疫の概念

免疫のはたらき

  • 自己に対する反応
    • 腫瘍免疫
    • 自己免疫疾患
  • 非自己に対する反応
    • 安全:生体防御機構(感染予防(ワクチン))
    • 危険:アレルギー、拒絶反応

免疫反応による生体防御機構

  • 自然免疫:補体、好中球、マクロファージ、NK細胞、樹状細胞
  • 獲得免疫:T細胞、B細胞

免疫に関わる組織

リンパ系

役割

  • 組織液の循環
  • 脂肪酸と脂質(乳糜)の運搬
  • 免疫担当細胞の産生

血液の集まる静脈

  • 左鎖骨下静脈:左上体と下半身
  • 右鎖骨下静脈:頭と上体

構造

  • 内皮細胞が一層:血管に比べて薄い、ものが通り易い
  • 毛細リンパ管:毛細血管と物質交換
    • 閉端
    • 高分子タンパク質、脂肪体、抗原を交換
    • 筋縮で収縮

リンパ系器官

  • 1次リンパ器官:骨髄、胸腺
  • 2次リンパ器官:脾臓、リンパ節
  • リンパ組織:SALT、GALT、BALT、扁桃、パイエル板、虫垂

骨髄

  • 赤色骨髄:血液、造血幹細胞
  • 黄色骨髄:脂肪化
  • 胸骨と腸骨:生涯造血機能を維持(黄色化しない)

胸腺

  • 皮質:上皮細胞、胸腺細胞
  • 髄質:リンパ球、マクロファージ、樹状細胞、ハッサル小体
    • ハッサル小体:役割不明、胸腺に特徴的な組織

リンパ節でのリンパ液の流れ

  1. 輸入リンパ管
  2. 一次リンパ沪胞:大部分B細胞
  3. 傍皮質部:大部分T細胞
  4. 髄質:マクロファージと形質細胞
  5. 輸出リンパ管

脾臓

  • 赤脾髄(脾洞、脾策):老朽化した赤血球の破壊
  • 白脾髄(胚中心、脾小節):B細胞の産生

粘膜付属リンパ組織

  • 免疫担当細胞の産生・貯蔵→病原体に対する攻撃・防御
    • SALT:肌
    • GALT:腸管
    • BALT:気管

免疫担当細胞の種類と役割

免疫系細胞の種類

リンパ球

  • 小型リンパ球
    • B細胞:抗原提示を受けて形質細胞に変化
    • T細胞:タンパク質抗原に反応
  • 大型顆粒リンパ球
    • NK細胞
    • NKT細胞

骨髄球

  • 白血球
    • 顆粒球:好中球、好酸球、好塩基球
    • 単球/マクロファージ
    • 樹状細胞
  • 赤血球
  • 巨核球:破片が血小板となる

CD抗原

  • モノクローナル抗体によって認識される表面抗原
    • CD3:T細胞
    • CD4:ヘルパーT細胞(Th1細胞、Th2細胞)
    • CD8:細胞障害性T細胞(キラーT細胞)
    • CD20:成熟B細胞

単球

  • マクロファージ、クッパー細胞、肺胞マクロファージ、ミクログリア など細胞によって名前が変化
  • MHCクラスII分子を抗原提示
  • 炎症性サイトカインの産生(IL-1、IL-6、TNFα)

高内皮静脈(HEV)

  • リンパ球の血管→リンパ管の移動時に通過

免疫担当細胞の機能のまとめ

顆粒球

  • 好中球:顆粒球の90%、食作用
  • 好酸球:IK-5で増殖、アレルギーに関与
  • 好塩基球:IgEと結合、アレルギーに関与

リンパ球

  • T細胞:骨髄で生成→胸腺で成熟、異物の認識に重要
    • ヘルパー:CD4、サイトカイン産生しB細胞を分化
    • キラー:CD8、標的細胞を破壊
    • 調節性:CD4, CD25、免疫反応を制御
  • B細胞:骨髄で生成・分化・成熟、サイトカインによる刺激で形質細胞へ変化、抗体産生、抗原提示細胞
  • NK細胞:腫瘍細胞やウイルス感染細胞を破壊

抗原提示細胞

  • マクロファージ:貪食能、抗原処理後にT細胞へ抗原提示、IL-1・TNFα産生
  • 樹状細胞:自然免疫・獲得免疫に関与、抗原提示能が高い

衛生化学I #01

情報

  • 糖質の種類、吸収、代謝、制御ー血糖値の制御ー
  • 糖質の構造と性質
  • 20170410
  • Hygienic Chemistry 1

衛生薬学: 基礎・予防・臨床

衛生薬学: 基礎・予防・臨床

目次

  • 糖質(炭水化物)Cm(H2O)n
  • 糖質の分類

内容

糖質(炭水化物)Cm(H2O)n

D,L異性体

  • 天然単糖はほとんどD
    D-グルコース

ペントース(五炭糖)

名称 構造
D-リボース D-リボース RNA, NAD, FAD, ATP,VB12の構成成分
2-デオキシ-D-リボース 2-デオキシ-D-リボース DNAの構成成分

ヘキソース(六炭糖)

名称 構造
D-グルコース D-グルコース アルドース、SGLT1@小腸により吸収→血糖
D-ガラクトース D-ガラクトース アルドース、SGLT1@小腸により吸収→グルコース
D-フルクトー D-フルクトース トース、GLUT4@小腸により吸収

糖質の分類

単糖

分類 名称 D-グルコースとの差 構造
ウロン酸 D-グルクロン酸 6位が酸化 D-グルクロン酸
アルドン酸 D-グルコン酸 1位が酸化 D-グルコン酸
糖アルコール D-ソルビトール 1位が還元 D-ソルビトール
アミノ糖 D-グルコサミン 2位にアミノ基 D-グルコサミン

二糖

名称 構造 所在 構造
スクロース Glcα1→2βFru サトウキビ スクロース
トレハロース Glcα1→1αGlc 酵母、カビ、キノコ
α-ラクトース Galβ1→4Glc 乳汁 α-ラクトース
α-マルトー Glcα1→4Glc サトウキビ

単純多糖

キチンキトサン

  • 構成:N-アセチルグルコサミン
  • 結合:β(1→4)の直鎖
  • 所在:甲殻類、節足動物の外殻
  • ヒトの消化酵素では分解不可

複合多糖

ヒアルロン酸

  • 構成:N-アセチルグルコサミン、グルクロン酸
    ヒアルロン酸

ヘパリン

  • 構成:D-グルクロン酸、L-イズロン酸、D-グルコサミン硫酸エステル
  • 肝臓・肺・肥満細胞に存在
  • 血液凝固阻止作用

食物繊維

  • 人の消化酵素で消化されない、食物中の難消化性物質の総体
分類 名称 性質
水に可溶 ペクチン、アルギン酸、マンナン 多糖類
水に不溶 セルロース、キチン 多糖類
水に不溶 リグニン フェノール製フェニルプロパン誘導体の重合体(非糖)

薬理学III #01

情報

  • 中枢神経薬理概要、全身麻酔
  • 20170410
  • Pharmacology 3

最新薬理学

最新薬理学

目次

内容

中枢神経薬理

形態的区分

脊髄

  • 白質:外側、神経質が多い
  • 灰白質:内側、細胞体

シナプスの結合様式

全身麻酔

全身麻酔

全身麻酔の条件

  • 睡眠
  • 鎮痛
  • 筋弛緩
  • 反射抑制

全身麻酔の3段階

  1. 麻酔導入
  2. 麻酔維持
  3. 覚醒(任意の時間に)

不規則的下行性麻酔

  • 大脳―1
  • 間脳―2
  • 中脳―3
  • 延髄―5
  • 脊髄―4

時間経過

  1. 誘導期・無痛覚期
  2. 発揚期・興奮期(抑制系の神経が先に抑制される)
  3. 手術期
  4. 呼吸麻痺期・延髄抑制期

麻酔導入・回復

  • 肺胞内分圧⇔動脈血分圧⇔脳内分圧
  • 血液に難溶(血液/ガス分配係数が小さい)→麻酔が速く効く、脳からの除去が速い
  • ハロタン:嫌気性代謝物が肝障害に

静脈麻酔薬

超短時間作用型バルビツール酸誘導体

ベンゾジアゼピン

  • ミダゾラムジアゼパム
  • 鎮痛・呼吸抑制が強い
  • 順行性健忘症(投薬後のことを忘れる)
  • フルマゼニル(アンタゴニスト)により回復加速
  • GABAA受容体機能更新

オピオイド鎮痛麻酔薬

プロポフォール

  • 導入・回復が速い
  • 麻酔導入・持続点滴静注による維持(蓄積がない)
  • 代謝・脳血流低下
  • GABAA受容体機能更新

解表製麻酔薬

化学療法学II #01

情報

  • 天然資源創薬の概論
  • 微生物代謝産物からの新しい医薬品の創製
  • 20170410
  • Chemotherapy 2

化学療法学―病原微生物・がんと戦う

化学療法学―病原微生物・がんと戦う

目次

  • 微生物資源の有用性
  • 微生物資源由来の医薬品

内容

微生物資源の有用性

ヒトと微生物の関わり

微生物資源由来の医薬品

免疫抑制薬(微生物由来のみ)

分類 薬品名 作用
プリン拮抗薬 ミゾリビン(真菌由来)、ミコフェノール酸モフェチル 核酸生合成を阻害
アルキル化薬
リンパ球増殖抑制効果 グズベリムス 細胞障害性T細胞とB細胞の増殖・分化抑制
細胞増殖シグナル阻害薬 エベロリムス 細胞内受容体を介してmTORを阻害
カルシニューリン阻害薬 シクロスポリン、タクロリムス サイトカイン産生抑制
スフィンゴシン-1-リン酸(SIP)受容体 フィンゴリモド サイトカイン産生抑制
ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤

シクロスポリン

  • 真菌 Tolypocladium inflatum gams の培養液中より単離(免疫抑制活性物質のスクリーニングによる)
  • Tリンパ球特異的な抑制作用(IL-2の生産・遊離の阻害)

タクロリムス(FK506)

  • 放線菌 Streptomyces tsukuvaensis の培養液中より単離(免疫抑制活性物質のスクリーニングによる)
  • Tリンパ球特異的な抑制作用(IL-2の生産・遊離の阻害)
  • シクロスポリンに比べ、ヒトに特異的

混合リンパ球反応

ある個体のリンパ球を放射線照射して、ほかの個体のリンパ球と混ぜて培養する。リンパ球中のT細胞には非自己の細胞を認識して増殖するという機能があり。一方の個体のリンパ球を放射線照射したのは、照射しないと、混ぜた他方の個体の細胞と反応して増殖するので、どちらの細胞が増殖したのかわからなくなるからである。そのために増殖できなくなるように放射線照射しておく。放射線照射していないリンパ球中のT細胞はMHAの異なる放射線照射した細胞には反応して増殖し、エフェクター細胞に分化する。この増殖にともなうDNA量の増加を測定すれば。拒絶反応の強弱を予測することができる。

引用:免疫学(2017/04/14閲覧)

α-グルコシダーゼ阻害薬

アカルボース

  • 放線菌 Actinoplanes 族が生産
  • 糖質の消化吸収遅延により血糖上昇抑制

ボグリボース

  • バリダマイシンの細菌による分解産物研究により発券

ミグリトール

HMG-CoA還元酵素阻害薬

プラバスタチンNa

  • 真菌 Penicillium citrinum が賛成するコンパクチンより微生物変換

シンバスタチン

  • 真菌の生産するロバスタチンより半合成

合成スタチン薬

  • フツバスタチンNa
  • アトルバスタチンNa
  • ロスバスタチンNa
  • ビタバスタチンCa